最終更新日:2020.12.29

ローラ 本当はハーフじゃない?インスタ写真 目や口元のほくろは書いてるの?

ハーフタレントのローラさん、日本人離れしたルックスと自由奔放な発言で、多くのバラエティやCMで人気です。

出典:ameblo.jp/rolarola/

数多くいるハーフタレントの中でも、ローラさんは「ハーフタレントの代表」といってもいいくらい有名ですが、ローラさんは「本当はハーフじゃない」とも言われます。どういうことでしょう?

また、ローラさんはインスタも大人気で、自撮り写真も多く投稿されています。写真では、目や口元のほくろが印象的ですが、実はほくろを書いているという噂があります。本当でしょうか?確認してみましょう。

スポンサーリンク

ローラ は「ハーフじゃない」と言われるのはなぜ?

ハーフタレントの中でも抜群の知名度を誇るローラさん、実はハーフじゃないというのは本当でしょうか。

ローラさんの公式サイト『ローラオフィシャルウェブサイト』(rolaofficial.com)では、ローラさんについてこのように紹介しています。

16歳でモデルデビュー。
ハーフモデルとして独自のアイデンティティーをもち、その愛くるしいキャラクターと個性溢れるスタイルで国内外を問わず活躍。

しっかり、「ハーフモデル」と紹介していますね。公式サイトに書かれてことなので、間違いないはずです。ではなぜ「ハーフじゃない」と言われるのでしょうか?

海外でも人気のローラさんですから、紹介は英語でも書かれています。このような記述です。

Born in Tokyo, Rola is a racially mixed(Bangladeshi father・3/4 Japanese 1/4 Russian mother)celebrity known for her colorful personality and distinct style in Japan as well as internationally.

「バングラデシュ人の父親」と、「3/4日本人と1/4ロシア人の母親」の血を引いていると記されています。通常ハーフとは、日本人と外国人の間に生まれた子供をいいますから、母親が純日本人ではないローラさんは「ハーフじゃない」と言われるのでしょう。

「ハーフじゃない」ならば、ローラさんは何と呼ばれるのが正確なのでしょう?ローラさんのお母さんは「3/4日本人と1/4ロシア人」ですから、「クォーター」(quarter)です。ローラさんは、その子供ですから、1/8を表す英語「ワンエイス」(one eighth)になります。日本人に着目すると3/8 となるので、「スリーエイスス」(three eighths) となるのかも知れません。なんか、わけが分かりません。

「両親が自国民と外国人」という意味の「ハーフ」という表現は和製英語で、英語圏ではまず使わないようです。公式サイトの英語での紹介に書かれている「mixed」という表現が一般的。だから英語からすれば、「ミックスド・タレント」が正確かも知れません。言いづらいですね。

ただ、日本語の「ハーフ」というのはかなり曖昧で、「両親のどちらかが外国人」というだけで「ハーフ」と言ったりします。「ハーフ」自体、正確な英語ではないのですから、ローラさんを「ハーフタレント」と言っても、なんの問題もないでしょう。

スポンサーリンク

インスタ写真 目や口元のほくろ書いてるの?

人気「ハーフタレント」のローラさんは、目や口元のほくろが印象的です。ただこの「ほくろ」、書かれたものであるという噂があります。Yahoo知恵袋のは「ローラさんのほくろは書かれたものですか?」というような質問が多く上がっています。実際はどうなのでしょう?

Yahoo知恵袋の回答の中では、ローラさんのほくろが書かれたものであることの根拠として「ほくろはアイライナーでチャームポイントとして描いてるってテレビで見たような気がします。」というような回答がありました。調べてみましたが、残念ながらその番組情報が見つけられませんでした。

インスタ写真でほくろを確認

ローラさんのインスタの中から、目や口元のほくろが印象的な写真を拾ってみます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

I changed my hair color👽✌️

ROLA🇯🇵🇧🇩🇷🇺さん(@rolaofficial)がシェアした投稿 –

口元のほくろが目を引きますね。でも、「くっきり」し過ぎな気がします。

目の下のほくろが不自然なほど目立ちます。

インスタにはホクロがないバージョンの写真も上がっています。

「ほくろ」のないインスタの写真も数多くあり、ほくろがある写真も、メークの上からでもこれだけはっきり見えるので、ほくろを書いているというのは間違いないでしょう。

目や口元のほくろは実際にあるの?

メークとして「ほくろ」を書いているローラさんですが、実際にほくろはあるのでしょうか?twitterには、ローラさんの中学卒業写真が上がっています。

「佐藤えり」という本名には驚きですが、それはさておき、この写真からは、目や口元のほくろは確認できません。ただ、ほくろは徐々に増えてくるものなので、これだけでは分かりません。

ローラさんは「すっぴん」の写真を公式ブログに上げています。

ローラさんの「すっぴん」写真

ローラさんの「すっぴん」写真
出典:ameblo.jp/rolarola/entry-11369122569.html

これを見ると、口元には薄いほくろがありますが、目の近くには見えません。口元のほくろは目立つように濃くしており、目のしたのほくろは「チャームポイント」として書き足しているのでしょう。

鼻の下のほくろは本物?

インスタではローラさんの鼻の下に「ホクロ」ができたという写真の投稿もされています。ローラさんは「なんだか今年からいきなり鼻の下にホクロができたんだぁ。気になる位置だなぁ。。」とコメントを付けています。


これのほくろは、本人も気にしているようなので、書かれたものではなく本物でしょう。

関連記事:新垣結衣おでこのほくろ除去?共演女優 黒木華はリアルに親友?恋敵?

スポンサーリンク

まとめ

  • ローラさんは、「バングラデシュ人の父親」と、「3/4日本人と1/4ロシア人の母親」の血を引いているので、日本人と外国人の「ハーフじゃない」と言われる。ただ、両親のどちらかが外国人という広い意味では「ハーフ」と言って問題ない。
  • インスタの写真などで見られる目や口元のほくろは、メークで書いているもの。口元のほくろは、すっぴん写真でも確認できる。

中学の卒業写真を見ると、今と全く違う印象を受けます。今は、髪の色を変え、カラコンを入れて、より日本人離れした感じです。この感じだからローラさんの「タメ口トーク」が嫌味なく受け入れられたのかも知れません。

外国人風の見た目も、印象的なほくろも、ローラさんの魅力をより引き出すセルフプロデュースだと思います。これかも魅力的な「ハーフ」タレントとして大活躍してくれることを望みます。

以上「ローラ 本当はハーフじゃない?インスタ写真 目や口元のほくろは書いてるの?」でした。

宮崎あおい 性格が原因で波瑠が人間不信に?カメラCM起用の裏にあの映画が!?前のページ

菜々緒 友達が撮ったインスタ写真が恐すぎ!究極の”すっぴん”レントゲン写真を公開!次のページ

関連記事

  1. 女性芸能人

    新垣里沙の離婚原因は旦那の浮気?旦那との不仲は“しょぼい結婚式”から始まってた?

    「モーニング娘。」の元リーダー、新垣里沙(にいがきりさ)さんが離婚を発…

  2. 女性芸能人

    南沢奈央、サッカー選手と結婚!?鼻をプロテーゼ整形している噂は本当?

    NHKの科学教育番組「サイエンスZERO」のナビゲーターがすっかり定着…

  3. 女性芸能人

    菜々緒 友達が撮ったインスタ写真が恐すぎ!究極の”すっぴん”レントゲン写真を…

    モデルで女優の菜々緒さん。美しい顔に、身長 172cm・股下 85cm…

  4. 女性芸能人

    原田知世 50代で解放!?ブレンディのCMに出演し続けられるのはなぜ?

    女優として、歌手として幅広く活躍する原田知世(はらだともよ)さん。20…

  5. 葵わかなさん(公式ブログ)

    女性芸能人

    葵わかな 売れないアイドル時代は黒歴史!?スカウト時の写真が可愛いすぎる!

    NHKの朝ドラ『わろてんか』でヒロインを演じた、葵わかなさん。『アート…

  6. 女性芸能人

    西野七瀬、アナザースカイ炎上事件って何?本物のインスタはあるの?

    乃木坂46のメンバー西野七瀬(にしのななせ)さん。アイドルグループでの…

アーカイブ

  1. 女性芸能人

    長沢裕が初インタビューの日に尿意を話したって何?失言に思わず赤面!?
  2. オトナの土ドラ『悪魔の弁護人・御子柴礼司』のビジュアル

    ドラマ

    悪魔の弁護人御子柴礼司ドラマ6話7話最終回原作『悪徳の舞踏曲』あらすじとネタバレ…
  3. 男性芸能人

    中村倫也 インスタのハリ系に戦慄!!動物王国で見せた動物マニアの素顔!?どれだけ…
  4. ドラマ

    ドラマ『リカ』原作小説との違いをネタバレ解説!最終回まで大胆予想!!
  5. 泉里香さんの写真

    女性芸能人

    泉里香かなり頭いい!?やり過ぎインスタはコレだった!ファンも引く写真投稿
PAGE TOP